開く

自動運転

人による運転操作に依存せず、自動車が周囲の環境を認知・判断し、車両を制御しながら走行する技術。走行の自立度は下記の6段階で分類される。

レベル0:自動運転機能なし
レベル1:部分自動運転。車速や車線維持などの一部の運転操作を自動化
レベル2:運転支援。車速や車線維持などの運転操作を自動化。ドライバーは常に運転に備えて待機する必要がある
レベル3:条件付き自動運転。特定の条件下において、運転操作を自動化。ドライバーは必要に応じて運転操作に介入する必要がある
レベル4:高度自動運転。特定の領域において、運転操作を完全に自動化。ドライバーは不要
レベル5:完全自動運転。すべての領域において、運転操作を完全に自動化。ドライバーは不要

「自動運転」の記事

NEWS
中国・滴滴と広州汽車が新会社設立。自動運転レベル4のロボタクシー開発
NEWS
東海理化・遠隔監視システム他、横浜市立よこはま動物園「ズーラシア」で実施する自動運転バスの実証実験に参画
NEWS
チューリング、エスライドと自動運転領域で協業。共同で走行データ収集
有料
限定
BUSINESS
Armが発表したAI対応自動車向けプロセッサ「Arm Automotive Enhanced(AE)」とは何か|自動運転車開発が最大2年短縮
NEWS
石川県小松市で自動運転バスの通年運行を開始。北陸新幹線小松駅と小松空港を結ぶ
NEWS
いすゞがティアフォーに60億円出資。路線バスの自動運転化目指す
NEWS
阪神電鉄、甲子園エリアの公道で自動運転実証実験を実施。西宮市、ティアフォーなどが協力
NEWS
日産、自動運転モビリティサービス事業化へ。2027年度の実現目指す
NEWS
ボードリー、香川県高松市の屋島山上で自動運転EV「MiCa」実証運行。県内初
NEWS
マクニカ、沖縄県南城市で自動運転EVバスの公道実証実験。セカンダリアクティビティの技術検証
NEWS
愛知県日進市、自動運転バスの運行ルート拡大。レベル4に向けた取り組みも推進
NEWS
マクニカと常陸太田市が次世代モビリティ活用で協定。自動運転技術で持続可能なまちづくり目指す
NEWS
自動運転レベル4対応EVバス、国内初となる公道定常運行開始。茨城県常陸太田市で
NEWS
東海理化と川崎鶴見臨港バス、路線バスの安全支援システムを共同検証
NEWS
ボードリー、愛知県小牧市の公道で自動運転車両「ARMA」の実証運行
NEWS
ボードリー、千葉県横芝光町で自動運転バスの通年運行を開始
NEWS
ボードリー、伊予市双海地域の公道で自動運転EV「MiCa」の実証運行
NEWS
ボードリー、新潟県弥彦村で自動運転バスの通年運行を開始

PICK UP

Writer

MORE